リフォーム

佐藤工務店

耐震化

国は全国の木造住宅の約40%は耐震性能が不十分だという試算結果を出しています。特に1981年に制定した新耐震基準以前に建てられた住宅は地震に弱いといわれていますので、築30年以上の住まいは要注意です。そして、地震による死者の9割が建物の倒壊による「圧死」とされています。地震が発生した時に逃げる時間を保てる建物が必要なのがよく分ります。ですから、耐震化工事は十分な技術的知識を有する建築士による耐震診断に基づいて実施することが重要になります。現在お住まいの建物に不安をお持ちの方は耐震診断を依頼し結果を見て判断しましょう。

簡易診断法

費用 : 無料

国土交通省住宅局監修の耐震診断法です。
お客様から10項目のヒアリングをさせていただき、評価点によって診断いたします。

一般診断法

費用 : 50,000円~

※建物の規模や図面の有無により費用は異なります。
内訳(診断結果・耐震補強計画設計・見積)

国土交通省住宅局監修の木造住宅の耐震診断と補強方法に定められた、耐震診断法です。
非破壊検査による現地調査の上、地盤・基礎の調査と上部構造の評価をあわせて算出します。

  • 住宅ローン減税適用対象
  • 固定資産税の軽減
  • 改修費の一部に係る所得税控除
資料請求・お問合せはこちら

PageTop