私たちの家づくり

佐藤工務店

北方型住宅・ZEH・低炭素住宅

低炭素住宅

国が認める新しい省エネ住宅「低炭素住宅」

佐藤工務店の高性能でECOな家づくりは「低炭素住宅」にも対応可能です!

低炭素住宅って何?

2012年12月4日に施行された低炭素化促進法の住宅分野の政策です。低炭素住宅は、「Life Cycle Carbon Minus 住宅」(LCCM)といい、住宅の長い寿命の中で、建設時~生活時~廃棄時までCO2の排出抑制を図ることを目的としています。低炭素住宅に認定されることで、次世代省エネ基準を上回る高性能住宅であることが国から認められるだけでなく、減税などの優遇も適用されます。

低炭素住宅のイメージ

低炭素住宅にするメリットは?

国が認める高性能住宅で、暖かECOな暮らし
省エネ基準を上回る高気密、高断熱な住まいは夏涼しく冬は暖か。太陽光発電システムと高効率給湯器で光熱費を節約しながら環境保全にも貢献
住宅ローン減税などの優遇措置
低炭素住宅は所得税の住宅ローン減税枠が、一般住宅に比べ年間最大100万円、10年間で最大1000万円多くなります。また取得時の登録免許税も0.15%から0.1%に優遇されます。
低炭素化に貢献する設備は容積率に不算入
蓄電池や蓄熱槽など低炭素化に貢献する設備は容積率に不算入になります。

低炭素住宅に認定されるには?

低炭素住宅に認定されるには、以下の2つの項目をクリアすることが必要です。

1.省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量(家電等のエネルギー消費量を除く)が-10%以上となること

2.その他の低炭素化を資する設備を一定以上講ずること

①~⑧の8項目から2項目以上を選択するか、「所管行政庁による評価」を満たす

節水対策
① 節水に役立つ設備機器を採用

節水トイレの設置

設置する便座の半数以上に節水に資する便器を使用している

節水水栓の設置

設置する水栓の半数以上に節水に資する水栓を使用している

食器用洗浄機の設置

定置型の食器用洗浄機を設置している

② 雨水、井水、雑排水を利用する設備を設置

雨水、井水、雑排水利用

雨水、井水、雑排水設備を設置している

エネルギーマネジメント
③ HEMSを設置

HEMS採用

戸建て住宅・共同住宅の住戸にHEMSを採用している

④ 定置型の蓄電池を設置

再生可能エネルギーおよび蓄電池

再生可能エネルギーを利用した発電設備及び連携した定置型の蓄電池を設置している

ヒートアイランド対策
⑤ 緑化などヒートアイランド対策を講じる

敷地緑化など

緑地または水面の面積が敷地面積の10%以上

敷地の高反射性舗装

日射反射率の高い舗装の面積が敷地面積の10%以上

屋上緑化など

緑化を行う面積が屋根面積の20%以上

壁面緑化

壁面緑化を行う面積が外壁面積の10%以上

上記対策の組み合わせによる措置

躯体の低炭素化
⑥ 住宅品質確保促進法に基づく劣化軽減措置を実施

住宅の劣化の軽減に資する措置を講じている

⑦ 木造建物であること

木造住宅である

⑧ 高炉セメントなどを使用

高炉セメントまたはフライアッシュセメントを構造耐力上主要な部分に使用している

上記①~⑧の中から2項目以上選択または

所管行政庁による評価

環境性能について、所管行政庁からCASBEE(建築環境総合性能評価システム)などによる一定以上の評価を受ける

資料請求・お問合せはこちら

PageTop