私たちの家づくり

佐藤工務店

北方型住宅・ZEH・低炭素住宅

北方型住宅

北国の気候や風土に適した性能を持つ北方型住宅。昭和63年、積雪寒冷な気候である北海道にふさわしい住宅として、高断熱・高気密・高耐久の性能を持つ「北方型住宅」の制度がスタートしました。以来、北海道では北方型住宅の普及に努めています。「北方型住宅」の建設においては、断熱・気密に関する専門技術者(BIS、BIS-E)による設計・施工が義務づけられており、佐藤工務店にはその資格を取得した社員がいます。

当社施工北方型住宅認定のお家

北方型住宅、4つの基本性能

北方型住宅は、「長寿命」「安心・健康」「環境との共生」「地域らしさ」というこれからの住まいに求められる4つの基本的な性能を完備した安心の住まいです。この基本的な性能をクリアした家づくりができるよう具体的な基準が定められています。各項目の性能基準に関して詳しくはお尋ねください。

長寿命

永く暮らし続けることができ、さらには点検や修繕などの維持管理がしやすく、次世代に引き継がれる資産となる住まい。高い耐久性や、変化する暮らしに対応できる使い勝手の良さを備えた住まいです。

安心・健康

高齢化による体の支え、年老いても安心して健康的に暮らし続ける事のできる住まいです。また、シックハウスの原因の一つと考えられるホルムアルデヒド拡散量などを抑え、健康で快適な室内環境を確保した住まいです。

環境との共生

国が定める次世代省エネルギー基準をクリアした、より少ないエネルギーで暖かい暮らしが実現する住まいです。環境負荷の低減や除雪の負担が少なく、美しい街並みを形成する北海道らしい四季の暮らしを楽しむことができる住宅です。

地域らしさ

北海道特有の積雪寒冷な気候と、そこで培われた風土を活かした住まいです。身近な地域の素材や技術を活用していくことで、暮らしの中に地域らしさを盛り込み、雰囲気を作り上げ、発展を促していきます。

資料請求・お問合せはこちら

PageTop